もらいたくない、もらいたい


もらいたくない年賀状のワーストは







もらいたくない年賀状のワーストは 写真の年賀状 なのですね。

しかも、特に悪いのが
1)新築の報告を兼ねた賀状
2)子供しか写っていない写真の画像

自分のとっては人生の大イベントでしょうが、
他人から見れば、単なる自慢です。
暖かい目で見てくれる人ばかりとは限りません。

そして、
肉親でもなければ子供はかわいくありません。
そんな写真を見せられても嫌なだけです。
かといって、
やけにかわいい子の写真も妙にイラついたりします。



では、どのような賀状だとウケるのか?



実は子供の写真であっても、
家族写真の一部だと、意外と喜ばれます。
もちろん海外旅行先の記念撮影なんかは、
自慢臭がプンプンですので、NGです。

一番いいのは写真館で撮影したような写真でしょうね。
しかし、そこまでしなくても、
きちんとしたのであればいいと思います。

次第に成長する子供たちに比して、年を取っていく親(つまり自分たち)を見せることで、相手が安心して見てくれます。



一番もらいたい賀状とは



写真でも、イラストでもいいのですが、
手書きの部分が少しもない年賀状は好まれません。

逆に言えば、一言でも手書きが入っていると、好まれるということですね。

何でもいいので、手書きのメッセージを一言添えてみましょう。



そうこうしているうちに迫ってくる正月



一言メッセージは、結構時間がかかるので、
それ以外はプロにお任せした方が楽勝ですよね。

何をおまかせするか?
裏面の手書き部分以外はもちろん!

表面の宛名書きまでやってくれるところがあります。

ここは便利ですよ。
スピード感もあるし。

グラムプリント!

とってもいい仕事をしてくれると思います。

⇒頼りになる年賀状作成はこちら