ビートルズの演奏時間が長い曲

ちなみにビートルズの曲の中で時間が長いのは
レット・イット・ビーまででは(70年代以降の編集アルバムなどの曲は対象外)
エブリボディーズゴットサムシングトゥハイドエクセプトミーアンドマイモンキーが
収録されているアルバムの裏面(ホワイトアルバムのD面)の最後から2曲目、
レボリューション9です。

そしてアイウォントユー、ヘイジュードと続き、この3曲が7分以上です。
その次は、オールトゥマッチで、ジョージの曲ですが
日本語に訳すと「やりすぎ」という意味になるのでしょうか。

ホワイトアルバムはどんなアルバム?

この頃のビートルズはまさになんでもありの時代です。
特にホワイトアルバムは、
オリジナルアルバムとしては唯一の2枚組、
全30曲のバラエティー盤です。
正式にはザ・ビートルズというタイトルなのですが、
真っ白なジャケットからホワイトアルバムと呼ばれていることは有名。

レボリューション9は、曲というのもどうかというような
ミュージックコンクリート、前衛音楽です。

ヘビメタのヘルタースケルター、
スカのオブラディオブラダ、
ビーチボーイズのパロディーのバックインザUSSR、
自分たちの曲のタイトルを織り込んだグラスオニオン、
ある人を皮肉ったセクシーセディ、
スイーツをたくさん集めたサボイとラッフル、
ヨーコオノが一節だけを歌うザコンティニューイングストーリーオブバンガロービル、
政治を皮肉ったピッギーズ、
予告編のように短いハニーパイやホワイドントウィードゥイットインザロード、
ボイスベースのアイウィル、
子守唄のグッドナイトなどが
ホワイトアルバムには散りばめられています。


1975年 年間チャート

コンテンツです