熊本独特のランキング

ジャンピングポップスのようなランキング番組、
それも地方の番組ではしばしばその番組だけの独特のヒット曲が生まれることがあります。
ジャンピングポップスでも例外ではありません。

レッドツェッペリンやディープパープルと比肩されていた
ブリティッシュハードロックの黎明期に活躍した
ユーライアヒープをご存知ですか。
最も有名なのは鏡のようなジャケットで印象的な対自核というアルバムです。
原題はルックアトユアセルフなので、まあ、シャレなのですが。
このバンドが1975年にリリースしたのが
「幻想への回帰」というタイトルのアルバムで、
同名の曲をシングルカットしました。

ハードロックバンドの曲はヒットチャートにはほとんど上がってこないのが通常でした。
この曲をキバヤシアナウンサーが新譜紹介コーナーで取り上げたのをきっかけに、
リクエストが多く集まりました。

1位にはならなかったのですが、トップ10に何週間も居座りました。
このようなことが起こったのはきっと熊本だけじゃないのでしょうか?

とにかくかっこいい曲だった

オルガン(ムーグシンセサイザー)を中心とした重厚でクラシカルの雰囲気のイントロで始まり、
歌詞が入ると一転して疾走感のあるアップテンポでヘヴィーな曲調となります。
このアルバムからユーライアヒープには、ベースでジョンウェットンが参加しています。
キングクリムゾン、UK、エイジアなどで有名な、あのジョンウェットンです。

熊本独自の洋楽ヒットチャート番組、ジャンピングポップス。
当時の週末一番の楽しみでした。


民放はテレビ2局、ラジオ1局

コンテンツです